色々なお客さんが来るもんだなと思っています

風俗嬢になって思うのは、本当に色々な人間がいるものだなということです。スーツをビシッと着込んでいていても、それを一枚脱いでみれば何の権威も肩書きも無い人間になります。風俗とは、そのような酢の人間を間近で見られる職業だと思うんですよね。

先日も、ある高級スーツに身をまとった中年のお客さんが来ました。腕時計も超有名ブランドのもので、恐らくは100万円を軽く超えるような物です。もちろん身の上話はご法度なので聞きはしませんでしたが、どうやら私でも知っている有名な企業の役員のようなのです。そんな有名な企業の役員ですから、さぞかし偏差値の高い大学を卒業して、仕事でもバリバリと働いて実績を残してこられたのでしょう。
私は女子大生でもありますので(風俗はアルバイトでやっています)、就職活動の最終面接に出てくるような人なのかなと漠然と思っていました。

blonde-873778_640

しかし、です。このお客さん、かなりの甘えん坊なのです。赤ちゃん言葉を使い、何故か私に頭を撫でてくれるよう懇願してきました。そして「頭を撫でながら『良い子でちゅね~』と言ってほしい」と付け加えてくるのです。

私もその通りにやりましたが、そのお客さんは満面の笑みを浮かべて「嬉しいでちゅ~」と言うのです。もう笑いをこらえるので必死でしたが、一方でこういう風にストレスを発散しなければいけないとは社会人とは大変だなと思いました。

そして家ではこのように甘えることも出来ないのかなと思うと、何だかそのお客さんが可愛そうになって情が湧いてしまいましたね。
本当に風俗をやっていると、色々な人が来るものですよ。お金目的でやり始めたのですが、今では良い社会勉強も出来るなと思っていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です